即日融資ってどういう意味?

即日キャッシングの意味は言葉どおりにとらえると、その日のうちにすぐ融資ができるという意味になります。具体的には、申込み手続きをはじめてから、審査を経て契約に至り、その後借り入れをして手元にそのお金が渡るまでの工程が1日の中で終了することが、キャッシングにおける即日融資の意味にあたります。

消費者金融会社が世の中に登場するようになった当初は、即日融資が可能なケースは窓口で申し込んだ場合に限られていました。しかし、自動契約機が登場するようになると、窓口だけでなくこの端末のある場所でも即日融資ができるようになりました。自動契約機単体でできるのは契約手続きまでであるため、上記の意味どおりの即日融資はできませんが、すぐ近くに設置されているATMを操作することで借入金を引き出すことができるため、即日融資が可能であるといえます。

近年、貸金業法に基づく規制が厳しくなるにつれて、消費者金融会社の経営環境は厳しさを増しており、有人店舗を置かずに営業する会社もでてくるようになりました。有人店舗を減らすかわりに、キャッシングの利用方法として登場したのがインターネットを用いた方法です。実は、インターネット上から申し込む方法でも、おおよそ14時から15時までの間に契約まで完了させて振込予約をするという条件つきではありますが、即日融資ができます。自動契約機を利用する方法では設置場所まで行かなければなりませんが、インターネットを利用した方法ではパソコンや携帯端末を所有しており、近くにATMがあればよく、より簡単に即日融資を受けることができます。